Deutsch
English

Ausstellung

ドイツ・デザイン –  バウハウスからグローバル化へ、そのルーツ

世界最大最古のデザインミュージアム、ディ・ノイエ・ザムルンクの隠れた収蔵品から周到に選ばれた古典的名作、そしてサプライズ作品が紹介されます。典型的作品により、「メイド・イン・ジャーマニー」デザインのルーツ、発展、そして諸相が伝えられます。取り上げる時代は、工業化とバウハウスの時代から、民主化と経済の奇跡をもたらした第二次世界大戦後の復興期を経て、ポストモダンとデジタル化、グローバル化による激変の時代まで。エッセンのレッド・ドット・デザイン・ミュージアムの協力を得て、「ジャーマン・デザイン・スタンダード」を基準に選ばれた現代製品の数々が、テーマを一望する一助となっています。

展覧会 | 香港 | 2012月12月6日 - 2013年3月4日
MORE

 漆塗り+デザイン:イースト・ミーツ・ウェスト

イタリアの建築家でデザイナーのエットーレ・ソットサス(1917-2007)は、20世紀のデザイン界を決定づけた偉大な造形作家の一人です。ソットサスは1990年代、数百年の歴史を持つ日本の漆工芸に出会い、長年にわたる精神的な交流とフォルムの模索というプロセスを通じて、この極めて高度な工芸技術を担う日本の最も優れた職人たち数人と密に協力し、様々な器やオブジェを造形しました。それらは西欧の(ポスト)モダンであると同時に極東であり、イタリアのエスプリを内包し、さらに日本的な精緻さを体現しています。

展覧会 | ミュンヘン | 2012年12月12日 – 2013年2月17日
MORE

ヘルムート・ヤーン. プロセス/プログレス

撮影:ライナー・フィアトベック

ドイツでは初めてとなるドイツ系アメリカ人建築家ヘルムート・ヤーンの作品展。ヤーンは観る者が息を呑むような記念碑的建築物や空港、高層ビル、超高層ビルなどを設計し、国際的に高い評価を得ました 。

展覧会 | ニュルンベルク | 2012年11月30日 - 2013年2月24日
more

シュテファン・ヴェヴェルカ  -  クロス セクション

日常世界に存在する様々な対象物の機能多重性と脱構築、武器と啓蒙手段としてのアイロニーとユーモア:それが建築家でありデザイナーでもあり、さらにはオブジェ作家、フィルム作家でもあるシュテファン・ヴェヴェルカ(1928年マグデブルク生まれ)の基本理念です。

展覧会 | ミュンヘン | 2012年10月11日 – 2013年2月3日
MORE

金に勝るもの。フランチェスコ・パヴァン

光-幾何学-完璧:テーマはジュエリー。それも極めて幾何学的で、そのもの以外のどんな説明も不要とするようなジュエリー。イタリア、パドヴァ出身のフランチェスコ・パヴァン(1937年生)は現代最高のジュエリーアーティストの一人。


展覧会 | ニュルンベルク | 2012年10月26日より


MORE

朝鮮の陶芸美術 ファン・カプスン(黄甲淳)

ヨーロッパとアジア:文化も伝統も異なる2つの大陸。ファン・カプスンはその二つの異世界を自らの 芸術で結びます。カプスンはこの展覧会で、ヨーロッパとアジア、ドイツと韓国を繋ぐ架け橋となります。本展はさらに、シュレスヴィヒ・ホルシュタインとバイエルン、ソウルとヴァイデンをも結ぶものです。

展覧会 | ヴァイデン | 2012年7月22日ー2012年10月28日(まで延長)
MORE

 

ピエール・メンデル.  ポスター

ピエール・メンデル(1929年エッセン生れ、2008年ミュンヘンにて没)のポスターには他の誰のものとも違う独特さがあり、今日まで国際的な注目を集めてきました。 メンデルはグラフィックデザイン界を国際的に牽引する一人と言えます。 町の広告塔や掲示板に貼られているメンデルの大判ポスターは、そのグラフィカルなコンポジション、明快で印象深い色彩性、抽象性に富むフォルム言語、簡潔にして含蓄あるタイポグラフィーによって、まるで通り過ぎる人々を感電させるかのような力を発揮してきました。

展覧会 | ニュルンベルク | 2012年10月中旬まで

more

 

デザインにおける彫刻-シュテファン・ハイリガー

座ることとその条件についての深い考察が、シュテファン・ハイリガーのデザイナーとしての思考の中心を成しています。彼のデザイン案は、快適性と計算の 間、つまり実現可能な最大限の快適さと冷徹なコスト思考との間で振れ動きます。ハイリガーの自由な造形は、ギャラリーや美術館用に作られたものではなく、 マーケットの要請に応えたものなのです。


展覧会 | ニュルンベルク | 2012年2月16日 - 2012年5月28日
more

100 ベストポスター 11年  ドイツ、オーストリア、スイス

 

ポスターには、私たちを取り囲む都市空間の印象を決定づける力があります。ポスターは、その100年以上の歴史を経て、いまや現代社会の視覚文化における確固とした位置づけを持ち、都市の公共空間のイメージに大きな影響力を発揮しています。しかしポスターは、そのようにして日常生活の一部になっただけではありません。それはまた、個人のコレクターにとっては垂涎の的となる対象であり、美術館にとっては多様で魅力ある収集対象の一つでもあります。本展は、100ベスト・ポスター協会が毎年開催しているコンテストをベースにし、同コンテストは10年前から数カ国が参加する形で開催されています。


展覧会 | ニュルンベルク | 2012月8月3日 – 2012年9月2日
more




エーデルラボ - The State of Things コンストファク・ストックホルム、 ジュエリー

人体は外的世界と個々の内的世界の化合物である、という考え方が出発点であり、エーデルラボ(ドイツ語ではエーデル・ラボア、貴金属ラボ)のデザイ ンに対する姿勢に刻み込まれています。エーデルラボとは、ストックホルムのコンストファク国立芸術工芸デザイン大学のジュエリー科のことです。


展覧会 | ミュンヘン | 2012年3月17日 – 2012年4月29日
more

北欧の至宝、ユーゲンシュティール陶磁器、スウェーデンのロールストランドの例
展覧会 | ヴァイデン | 2011年10月16日 -  2012年3月

more

遊び心で座る - 大人による子供のための椅子

子供のための椅子文化のデザイン史:ミュンヘンの個人コレクションからのアフリカから中国にまで及ぶ珍品の数々。ヨーロッパの代表的デザイナーの椅子、一般市民の椅子、農家の椅子、そして遊び心満載の椅子など


展覧会 | ニュルンベルク | 2011年11月10日より

more

アンプラグド。ミルコ・ボルシェ。デザイン・ワークス

ボルシェは、この展覧会のために 元々自身のデザインに特徴的だったヴィジュアル面の雄弁さをできるだけ抑え、A1サイズのモノクロ手描きのポスターを主体としました。元になる着想を抽象化し、フォーマットを画一化することにより、ミルコ・ボルシェ・オフィスの作品とその制作姿勢への極めて斬新な視点が生まれました。

展覧会 | ミュンヘン | 2012年01月13日 - 2012年4月9日

more

ブルーノ・マルティナッツィ - 記憶の地図


ニュルンベルク | 2011年06月10日 - 2011年11月6日

デザイナージュエリーの偉大な開拓者の一人、ブルーノ・マルティナッツィは1923年トリノ生まれ。87歳の現在も、毎日自分のスタジオ(Studiolo)で仕事をし、作品を絶えず深め、広げています。イタリア人の彼は、古来の精神的所産を現代の世界観・世界経験に結びつけようとしています。

more

アレッサンドロ・メンディーニ - ヴンダーカンマー デザイン


ニュルンベルク | 2011年7月22日 – 2011年10月23日

メンディーニは、成功したイタリアのデザイナー達の中にあって、工業デザインにおける挑発者であったし、今もそうです。 メンディーニは常に、旧来の考え方を深く問い直します。彼は習慣という偶像的な支配力を破壊し、焼き払おうとする者です。

 more

ヴァルター・ホイフェルダー、 陶器

ヴァイデン | 2011年4月3日 -  2011年9月中旬

more

ドナルド・ジャッド、「良い椅子は良い椅子」

ミュンヘン | 2011年7月15日−10月9日

アメリカ人ドナルド・ジャッド(1928-1994)は20世紀における世界で最も重要なアーティストの一人です。ジャッドは1960年代に、ミニマルアートの旗手の一人として有名になりましたが、その創造的活動を建築とデザインの分野にも広げました。

more

100 ベストポスター 10周年
ドイツ、オーストリア、スイス


ニュルンベルク | 2011年7月30日 – 2011年10月2日

more

グラール・グラス  1930-1981、 ドイツデザインの一例

ミュンヘン | 2011年7月1日 – 2011年9月18日

グラール・ガラス工房は、「メイド・イン・ジャーマニー」華やかなりし頃のドイツでトップクラスの製作所の一つでした。  

more

冷酷 と 残忍、 ガーナの映画ポスター


ミュンヘン | 2011年4月1日 – 2011年6月26日


西アフリカのグラフィックデザイン

more

ろくろシリーズ、カーチャ・メヒテル - 陶器
ニュルンベルク | 2010年11月10日より

食習慣の変化と異国料理の普及が食器の形状にも影響を及ぼしています。社会がグローバル化し、多文化が入り交じる中、従来の伝統的な食器セットに替わって、時代にふさわしい新たな食器が登場しています。

more

ラディカル:ペーター・スクビッチ、ジュエリー 

ミュンヘン | 2011年3月19日 – 05月15日

芸術家でもありデザイナーでもあるペーター・スクビッチにとって、ジュエリーデザインとは実験であり、身体を使うアクションであり、クリエイティブな解放行為、境界を乗り越える行為です。  

more

トレジャー ハンター:エヴァ・アイスラーのクラス、プラハ


ミュンヘン | 2011年3月19日 – 2011年4月17日

more